猫にも思いやりがあると証明してくれる心温まる話


 

いつの時代でも、ネコは他の動物に無関心で、
他の動物に興味がないように思われています。
実際、ネコは普通、他の動物を嫌っていると思われています。

 

ネコを飼っていて、
他の動物を家にいれようとしたことのある人は
誰でもこのことを知っています。
ネコは特別、友情や愛情の乏しい生き物です。

 

 

しかし、ポーランドのビドゴシチの動物病院にいる
ラダメネスという小さな黒猫は、
普通のネコと完全に対照的なのです。

 

彼は奇跡的に助けられたあと、
頻繁に病院にやってきては抱き上げられ、
時には他の生き物をきれいにすることさえあるのです。

 

 

病院にやってきたきっかけ

 

01

 

彼はもともと、呼吸感染症のために
この病院へ連れて来られました。
彼の容態は非常に悪く、
彼の飼い主も、彼を手放さなければならないと
考えていました。

 

 

奇跡的な回復

 

02

 

獣医のLucyna Kuziel-Zawalichさんは
この病気のネコを可愛がり、
飼い主が疲弊してしまっていると思ったために、
ラダメネスを自宅に連れて帰り、
元気になるまで看病をしました。

 

 

愛情による手当て

 

03

 

彼は回復するために多くの時間を病院ですごし、
病院のスタッフは、
施設にいる他の動物を
彼が抱きしめているのを発見しては驚いていました。

 

 

看護師の仕事

 

04

 

彼は自分の回りにいる動物を抱きしめ、
ときにはきれいにしてあげました。

 

 

思いやりのある子猫

 

05

 

彼は大手術を最近終えたばかりの動物たちと
長い時間一緒にいるようでした。

 

 

 

病院に勤務

 

06

 

病院から放された後でさえ、
彼は自分の責務を果たさねばならないと
感じているかのように、
病院に戻ってくることを続けました。

 

 

フルタイムの看護師

 

07

 

病院スタッフのメンバーは、
彼はフルタイム勤務の看護師として仕事をしており、
立派なマスコットキャラクターだと言います。

 

 

心温まる話

 

08

 

ラダメネスの話はみなに知れ渡り、
この話は動物でも思いやりがあるということの
証拠であるといえます。

 

 

有名な看板猫

 

09

 

ラダメネスは地元の名物になり、
人々は実際に彼に会いに病院を訪れます。

 

 

ネコはそれほど悪くない

 

10

 

ネコが思ったよりも
他のものに無関心というわけではない
ということが分かります。
ネコは愛情を持てるし、心配もできる、
思いやりのある動物でもあるのです。

 

 

 

友達にもシェアしてあげてくださいね
引用:lolwot

 

関連記事


オススメ記事