犬と人間の脳が予想以上に似ている理由が判明!


 

20150420001

 

 

犬を飼っている人の多くが言っているように、

犬たちは自分が何を言われているかという言葉に含まれている感情的な部分を把握しているように見えます。

新しい脳のスキャニング研究が、このことは科学的に証明でき、

この能力は犬が飼育される前の時代から存在すると示しています。

MRIでイヌの脳が研究されるのはこれが初めてではありません。

 

昨年、神経経済学者のグレゴリー・バーンズ教授が、

イヌの尾状核(人間も犬も持っている重要な脳の一部で、楽しいことや、

好きな食べ物や、愛情にかかわることに関連する神経の核)があると推測しました。

バーンズ教授のスキャンにより、

「イヌはヒトの子どもと同程度の感情がある」という結論が導かれました。

 

11

 

 

他の研究では、イヌの感情がどれだけ豊かなのかが示されました。

イヌはしっぽを振ることで自分の感情を示すことができます(喜んでいるときは右に、

ストレスを感じていたり悲しんでいたりするときは左にしっぽを振ります)。

また、他のイヌがしっぽを振っているのに対して感情的に反応するのです。

 

12

 

 

いま私たちはイヌが言葉を理解できるということを知っています。

しかし、私達が行動学の研究で分かっていることは別として、

イヌが自分が言われている言葉に込められた感情を

理解できるかどうかは不明確です。

ブダペストにあるハンガリー科学アカデミーのエトヴェシュ・ロラーンド大学出身の

アッティラ・アンディクス研究長の実験によって、

まさにこの疑問に対する答えが得られました。

 

 

11匹のイヌ、22人のヒト、200もの音

 

「現代生物学における新たな発見の詳細」という最近の研究では、

初めて人間と非霊長類の比較精神学分析を試みました。

多様なトレーニング(12セッション)と、正の強化(望ましい行動に対して、

行為者にとって喜ばしい刺激などで報酬を与えること。

お座りができたらエサをあげる、など。)のための十分なダイエットを経て、

11匹のイヌが実験のために準備されました。

 

20150420002

 

 

イヌ達は8分間ずっと横になるよう訓練されました(被験のイヌは

MRIが正常に動くよう完全に静止し続けなければならないのです)。

イヌは両耳に、MRIの大きくうなるような雑音(最高95デシベルに到達する)が

鳴っている間、ヘッドフォンをつけられ、実験のため200もの音が鳴らされました。

音はイヌの聴覚皮質に刺激を与えていました。
その皮質とは、音の情報を処理する脳の一部です。
車やホイッスルのような環境音や、(言葉ではない)人間の声や、

(ほえたりうなったりなど)犬の声を含んだ様々な音が鳴らされました。

同様に、22人のヒトが、全く同じ音を聞いている間、脳がスキャンされました。

 

 

 

側頭極

 

20150420003

 

スキャンの分析によると、側頭極の中でも最も古い部分が、
イヌとヒトの両方がヒトの声を聴いたときに刺激されました。

この脳の部分(以前は人間固有のものと考えられていた)は
耳に入ってくる音を、感情への反応を引き起こしながら処理すると考えられていました。

ヒトにおいて、この部分は声が聴こえたときに活発になります。

しかし今、イヌにおいても同様に活発化することがわかったのです。

非霊長類において、このことを科学者が発見したのは初めてのことでした。

同時に、泣いたり笑ったりというような感情をもったヒトの声が、

イヌとヒト両種において始原聴覚皮質の近くの部分を活発化させました。

感情的に発せられたイヌの声(クーンと悲しげに鳴いたり怒って吠えたり)も、

すべての被験者の間で同様の反応が起こりました。

 

 

感情へのチューニング

 

この研究の結果は、イヌが飼い主の感情にチューニングすることに

長けているということを強く示しています。

その結果によると、イヌはヒトの声よりもイヌの声により強く反応し、

さらに無関係な音(環境音など)により注意を払いました。

実際、聴覚皮質全体の約半分がイヌにおいて反応したのですが、

これはヒトにおいて同様の部分の3%に相当します。

このことは2つのことのうち1つか、または両方のことを示します。
イヌは、ヒトの声を処理するのには「変化しにくい」ことと、

ヒトは、聴覚情報の周りにあるものを無視して

選択的にヒトの声を処理するのにより偏っているということです。

 

 

進化論的な視点からすると、

著者は「パラレルな進化の可能性は除外できないが、我々の発見は、

脳の声を処理する部分は、我々が以前知っていたよりもより

古い進化の起源を持っているかもしれない」と述べました。

このため、過去1万8千年から3万2千年の間、

イヌとヒトは共に進化した可能性があり、

そのため(特に)イヌはヒトの声の内なる感情を処理することができるのです。

しかし、もしこれらの脳の部分が、

その年代よりもはるかに古いものであるならば、

イヌとヒトが共通の祖先である可能性がより高くなります。

研究者は、両者は少なくとも1億年前、

一匹の食虫類動物という共通の先祖を最後に共にした時に

進化したであろうと推測します。

 

 

 

友達にもシェアしてあげてくださいね

 

引用:io9.com

 

 

関連記事


オススメ記事