氷点下の気温の中でも犬を見放すことを拒否したホームレスの男性がセカンドチャンスを得た


男性と彼の犬の犬の話は心に響くでしょう

 

バーナード・オーランドと彼の犬(オレオ)との切っても切れない絆で結ばれている。
20150320001
オレオは4ヶ月の子犬の時にオーランドのところに来ました。それいらい彼はずっとオレオの側にいます。
20150320002
家がないホームレスにも関わらず、オーランドはオレオと一緒に非常に冷たい冬を一緒に過ごしました。
20150320003つい先日都市の気温はマイナスまで冷え込み、誰もが外で過ごすのに適さないぐらいの寒さでした。

 

オーランドは彼の姉妹のところに行けば寒さをしのげましたが、家に犬を入れることができないため、あえて彼はオレオをほっておけずオレオと過ごすことを選びました。
20150320004
幸運にもホライゾン・ハウス救援活動者のメリッサがダウンタウンの東にテントを張っていたオーランドとオレオを見つけました。
20150320005

そして、オーランドはオレオを犬の為の施設に預けました。
20150320006ホライゾン・ハウスは組織にオーランドとオレオの状況を伝えました。

 

組織はオレオが滞在出来る場所を提供してくれました。
20150320007施設を提供してくれた人たちは、オーランドの了解を得て去勢手術などをおこない、その代金も支払ってくれました。

 

オーランドはオレオが今よく世話してもらっていることを喜びました。
20150320008オーランドがオレオと出逢ったときのオレオはとても痩せていて骨が浮き上がっているほどだったと言っています。

 

そんなオレオも今はオーランドと深い絆で結ばれた健康な犬になりました。
20150320009オーランドがオレオに会いに行くと、オーランドもオレオも目が輝き出します。オレオはオーランドを見つけるとダッシュで飛びついてきます。

 

オーランドの目標は仕事と住む場所を得て、残りの人生をオレオと過ごすことだという。
20150320010彼は多くは持っていません。しかし氷点下の中でもオレオを残さなかった彼は他の人の持たない純粋な心を持っています。
現在オーランドはパートタイムの仕事をみつけモーテルでオレオと一緒に暮らしていてます。今ではエネルギッシュになり、これからの未来が楽しみです。彼らはこれからも幸せになって欲しいものです。

 

 

友達にもぜひシェアしてあげてくださいね!

出典:BarkPost INDYSTAR

 

 

関連記事


オススメ記事