犬が必要とされる20の驚くべき理由


彼らは本当に驚くべき動物です。

 

1.彼らは人の痛みを理解してくれます
20150219009ゴールドスミス・カレッジは、多くの犬は泣いてない人よりも泣いている人に近づくという研究結果を発表しました。これは犬が人の気持を理解し人を慰めるということを示しています。

 

 

2.彼らはガンを見つけることができます
20150219010驚くべき嗅覚で、肺がんを見つける仕事を課せられるとその正確さは70~99%の確率で見つけることができます。

 

 

3.彼らは、仕事のストレスを軽減させます
20150219011ただオフィスに犬がいるだけで、そこで働く人達のストレスを解消し満足した仕事ができると、インターナショナル・ワークプレス・ヘルスマガジンが発見しました。

 

 

4.彼らは発作を事前に察知できます
20150219012最近の研究で特定の犬は発作が発生する数時間前にそれが発生するということを患者に警告することができるということがわかりました。ただ、どの様にそれを伝えるのか、なぜ特定の犬だけなのかなどの解明されていない部分は多くあります。

 

 

5.綺麗すぎないことによって赤ちゃんを健康にさせてくれます
20150219013最近の調査では、犬と一緒に生活している赤ちゃんは、犬と一緒に生活していない赤ちゃんより健康であるということがわかりました。
それは犬のほんの少しの汚れや少しの細菌などをにより赤ちゃんの免疫力を高めると考えられています。

 

 

6.あなたが元気でいれる手助けをしてくれます
20150219014ロンドンの大学の研究では、犬を飼っていない子供よりも飼っている子供の方がより活発に運動をするという研究結果を出しました。それは一人でいるよりも、犬と一緒に生活する方が散歩に出かけたりジョギングしたりと楽しいからだと思われます。

 

 

7.低血糖を見つけてくれる
20150219015彼らは主人が低血糖であれば、その嗅覚で見つけることができます。血糖値が下がったことを人に警告したり、発作がすでに起こってしまった場合は、誰かに助けを求める為に吠えたりすることができます。

 

 

8.アレルギーを持っている人を助けます
20150219016犬は特定のアレルゲンを見分けるように訓練することができます。あなたがピーナッツバターにアレルギーを持っているなら部屋でピーナッツの香りを感じとったら彼らは警告を発することができます。

 

 

9.あなたが社交的でいれることを手伝ってくれます
20150219017ブリティッシュ・メディカル・ジャーナルは犬が社交的促進剤の働きをすると結論しました。人との関わりをより簡単にしてくれ、それが人の健康に有益である。

 

 

10.退役軍人のPTSDを克服させてくれます
20150219018退役した軍人のPTSDを軽減させてくれることがわかりました。ただ普通の犬が関わることで、苦しむ人が殻から出てくるのを手助けになります。

 

 

11.子供の湿疹を防ぐこともある
20150219019あなたの赤ちゃんにアレルギーがあるなら犬を飼うことがいいかもしれません。研究では犬と一緒に暮らす1歳未満の子供ははるかにアレルギーを発症する可能性が少ないと研究で発表されています。

 

 

12.キスで傷を癒してくれます
20150219020犬のキスは実は素晴らしいものかもしれません。研究では傷を犬が舐めることにより唾液が神経と筋肉を刺激するのを助けることができると調査結果があります。

 

 

13.犬を飼っている高齢の人は医者に行く回数が少なくなる
20150219021調査によると犬を飼っている人の方が、飼っていない人より医者にかかる回数が少なくなるということがわかりました。

 

 

14.心臓疾患のリスクを軽減させてくれます
20150219022アメリカの心臓協会による研究で犬を飼っている人はそうでない人よりも心臓病のリスクが低くなるということがわかりました。その理由は犬を飼っている方は散歩という運動をすることがいいようです。また、飼い犬達はストレスを解消させてくれます。

 

 

15.うつ病を軽減させます
20150219023軽いうつ病から深刻な躁鬱は、犬の愛情で軽減すると調査結果が出ています。それは単に彼らが無条件に愛情を表現してくれるだけでなく、自分達の幸せな姿を見せてあげたいと思うことにより病の軽減につながると思われます。

 

 

16.大学生の学期末試験の通過を手助けします
20150219024学期末試験はダメだと、ストレスがたまってしまっている学生は訪ねてください。多くの学校では、そのストレスを軽減させる方法を発見しました。大学では学生の為、キャンパスに治癒犬を配置し、ペットと遊ばせ、またはただ寄り添うことにより、学生のストレス改善に成功したということが証言されました。

 

 

17.自閉症の子供達に快適を提供します
20150219025自閉症ではない人には理解はなかなか難しいものですが、自閉症の子供達は何気ない日々の生活でストレスを感じることがあります。しかし、その自閉症の子供のいる家庭に治癒犬を連れていき一緒にいると自閉症の子供の体内でストレスホルモンを軽減させると調査で明らかになりました。これは子供を落ち着かせて、安心できる友人がそばにいることが必要であるということが明らかです。

 

 

18.いじめの防止になります
20150219026長らくの間いじめは大きな問題です。そのため犬を学校に連れてくる実験プログラムが実行されました。人に対してひどいことをしてはいけないというレッスンで、犬に対してそんなことをしないだろうということを子供達にわらりやすく教えることで共感させることができた。これがうまくいくと防止につながります。

 

 

19.線維筋痛症(せんいきんつうしょう)の人達が暖かくいれるように手助けします
20150219027線維筋痛症は恒常的な痛みで患者を衰弱させる疾患です。無毛の種類のゾロ(xolo)という犬種の体温が治療用加熱パットの一種として使用されることがわかりました。もちろん加熱パットではありませんが、人に寄り添うとその暖かさにより外部の快適さと精神的な幸福につながります。

 

 

20.認知症患者がより良い生活を過ごせるように手助けします
20150219028犬は認知症患者が忘れてしまいがちな医者に行く時間や薬の飲むスケジュールを思い出させてくれます。これに加えてフラストレーションのたまった状態の患者に対しても彼らを支え、慰めてそばにいます。

 

 

 

友達にもぜひシェアしてあげてくださいね!

 

引用:distractify

 

 

関連記事


オススメ記事